読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっかあのブログ

そうか!作ればいいんだ!

意識の中心

最近の雲黒斎さんのブログ『もっとあの世に聞いた、この世の仕組み』で、瞑想のことが書かれていました。

瞑想中、どうしても雑念から逃れられないという人もたくさんいると思います。おっかあもふと気がつくと、頭の中でああでもないこうでもないと考えていて、「おっと、今瞑想中だったっけ。いけないけないf^_^;)」という状態がいつもあります。

そしたら黒斎さんのブログに、「意識の中心を、頭からハートに下ろして行く。」という、とてもわかりやすいお話が書かれていたので、瞑想中に限らず、普段からそれを試みようと意識するようになりました。


その中の、雲さんの言葉で、
「考え事の中にいる自分を思い出してみればいい。その存在感の中心が、額や目の周りにあるのが感じられるだろう。」
とありました。
これ確かにその通り、考え事をしている時って、首から下は関係ない状態になっていて、本当に額や目の周りにあるなっていうのが感覚として感じ取ることができました。
いや!ビックリ!
それをそのままハートに下ろして行く・・・
要は、ハートで物事を考えるんですね。

これは、おっかあでも出来ました。



で、おっかあは発見しました!!


息子との過去の出来事を思っては、こんなことになるんだったらもっとこうしてあげれば良かった〜とか、あんなこと言わなきゃ良かった・・・
なんていうふうに悔やんでは、息子に「ごめんなさい」という張り裂けそうな思いに陥ることしょっ中。

でも一方で、こんな素敵な息子がおっかあの息子になってくれたなんて!
息子の存在が、おっかあを幸せにしてくれている。
「ありがとう!」の想いで心が満ち溢れ、最高に幸せな気持ちになることもしょっ中。

・・・これ、ちょっと意識してみたら、「ごめんなさい」という感覚に陥っている時の意識の中心は、額の周りにあった!
そして、それをぐう〜んとハートに下ろしていくと、「ありがとう!」に変わっていくんですよ!!
意識が額の周りにある時って、何となくなんかフワフワした状態。
意識がハートにある時は、地に足がついているなっていう感覚がわかるんです。


感覚として捉えることができたなんて!
黒斎さん、ありがとう!



とは言え、この世にいれば後悔ばかり先に立ってしまうのは仕方のないことですし、何も考えることなく、何も後悔することなく、まっいいや、と素通りばかりしていいわけではないですよ。
でも後悔しているだけでは、思考が額の周りでグルグルしているだけで、いつまでも落ち着きを実感することができません。
悔やんでもその後で考え、そしてハートへ下ろして感謝し、改めること。「悔い改める」これが大事なんじゃないかな〜?


頭で考え、ハートで感じる、このバランスを整えていくと、本当に生きていくことが楽になるんじゃないだろうか?