読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっかあのブログ

そうか!作ればいいんだ!

命の日

今日5月12日は、息子の4回目の命日でした。(4周忌)
お世話になっているお寺の住職さんにお経をあげに来ていただき、
息子にとっての、ばあば、おじちゃん、おばちゃん、いとこが、次々お参りに来てくれて、
それから、息子の携帯の解約にauショップまで行ったり・・・
忙しい一日でした。

おかげで、四年前の辛い辛い今日のことを、思い出して苦しむ暇がなく過ごすことができました。
これも息子の配慮なのかな?
ありがとう!

携帯の解約、もう踏ん切りはついてはいたものの、やっぱり緊張しました。
契約者は息子だし、成人しているしということで、亡くなったことが証明できる何らかの書類を持っていかねばなりませんでした。住民票とか死亡診断書とか訃報のような書類です。全部ありますが、見たくないのです。
でも仕方がないです。
事が事だし、窓口の女の子もまだ若いし、あんまり神妙になっては申し訳ないと思って、極力明るく振舞おうとがんばりました。
窓口の子も、こういった内容の対応は神経使うだろうな〜
なんか申し訳ないな〜
なんて思って、この空気を和らげる話でもしようかと思うのですが、何か話そうとすると泣いてしまいそうになるんです。
手続き済んで最後に、窓口の女の子が、
「息子さん二十歳だったんですね。私今、二十歳なんです。」って…
そっかあ〜、しっかりしてるな〜、ありがとう!って思いました。
そして、
「あんまりいい話じゃなくてごめんなさいね。」
と言うのが精一杯でした。


この四年間、息子が関係している人たちとの出逢いがたくさんありました。
この窓口の女の子もその一人です。
そして、不思議な出逢いもいくつかありました。
今、お世話になっているお寺さんもそうです。
(このことも、いつか書こうかなと思っています。)
本当に絶妙なタイミングで、どんどん繋がっていく実感を得た四年間でもありました。



5月12日は、特別な日です。
一年前の今日も書いたけど・・・


『命日』は『命の日』

人が亡くなった日なのに『命の日』

『愛は命』とも言う。

だから

『命日』は『愛の日』