読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっかあのブログ

そうか!作ればいいんだ!

カブトムシ(その1)

カブト虫

夏真っ盛り!
カブトムシの季節ですね♡


小学3年男子のおっかあは、
カブトムシにも夢中です。
少年おばさんです(^o^)/


きのう、同じく少年おやじさんから(すみませんf^_^;)
カブトムシの雄雌2匹ずついただきました!
ありがとうございます!


先日、ごんと夜の土手散歩をしている時に、橋の上を歩いていたので、
つれてかえってきた雄のカブトムシ含めて、5匹になりました。
これ、昨日の朝脱走をしていたのですが、
今朝、出てきました。よかった〜


それと、ペットショップ勤務の上の娘が連れてきた
虹色クワガタ雄雌もいます。

すごくきれいでしょ。
これは、不本意ながら外来種です。
生息地はオーストラリアのようです。



さてさて、知らなかったんですが、
カブトムシは寿命が一年しかないんですね。
まれに、もうちょっと生きる個体もあるそうですが。

そして、クワガタは2〜3年生きるんですね。

昨日、娘から教わりました。



カブトムシもクワガタも姿がちょっと違うだけで、
同じものかと思ってましたσ^_^;



さて、昨日いただいた子たちは、
雄雌一緒にいたので、たぶん交尾も済ませ、
雌は産卵の準備ができているかもしれないとのこと、
そうすると、あと1〜2ヶ月の命なんですね。


これまた娘からのアドバイスで、
交尾をしたら、もう雄雌は離した方が良いとのこと、
なので、別々にしました。
産卵準備ができているのに、
何度でも交尾をしてしまうので、
そうすると、弱ってしまうということなんです。

自然の中では、広いですからそういうことはあまりないんでしょうけど、
狭い容器の中で一緒にいると、いろんな間違いを起こしてしまうんですね。


そういうことで、雌のとこ材には、幼虫のえさにもなる腐葉土を、
底の方は、ギュッと押し付けて硬くして、
その上にふわっと乗せる感じがよろしいんだそうです。
そして、雄のとこ材は、普通に木くずで。

こんな風に整えましたが、卵産むかなあ〜?
まだ別々にするの早いかなあ〜?


と、気を揉んでいるおっかあです。



いよいよみなさん、
引き始めましたでしょ?(^◇^;)