読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっかあのブログ

そうか!作ればいいんだ!

発酵食品

先日、お味噌の記事を書いたので、ついでに発酵食品の現状を
簡単ですが、書いてみたいと思います。


日本には発酵食品がたくさんあります。
発酵食品は日本の食文化です。
日本が世界に誇れる食品たちですね。

醤油、味噌、甘酒、納豆、お酢、お酒・・・

日本には、これらにふさわしい天然の菌たちが生息しているのです。
お味噌なら、蔵元に生息している麹菌が働きます。

だから、お味噌なら10か月以上じっくり熟成させて、
味わい深いお味噌になるんです。
菌は生きていますから、さらに熟成させると、また違った味わいになります。


でも・・・
こんなに時間のかかる発酵食品が、
なんでこんなにお安くスーパーで買うことができるのでしょう?

それは、熟成させてないから〜(お味噌なんか一か月でできてしまいます)


なぜなら・・・

日本の発酵食品は、安く早く市場に出すために、
ほとんど菌を化学培養していて、その化学培養された麹菌を
種菌メーカーから購入して作っているのだそうです。
天然麹菌ではないということです。

化学的に培養された菌って?
天然の菌をベースに、何回も殺菌するのだのだそうです。
そうすると、菌たちは生き残ろうと遺伝子を変化させます。
その培養の過程では、たくさんの薬品や放射線などを使って、
都合の良い菌を開発しているのです。
そして、なんだか菌の繁殖に「肉汁」を使うのだそうな(+_+)


なぜか?
早く安く、というのが一番の理由でしょうけど、
安く作るには、素材も安く仕入れなければなりません。
安い素材とは?
お味噌なら、大豆やお米。
自然栽培のものだと、素材そのものが高価なものになってしまいましから、
肥料たっぷり、農薬たっぷりの大量生産された
安い大豆やお米を仕入れることになります。

自然栽培のものは、常温でほおっておくと、
自然に発酵していき、腐りません。
でも、肥料や農薬をたっぷり施したのもは、腐っていきます。
そうです!
そこには自然発酵できない素材の粗悪さがあるわけです。
だから、化学的な処理をした菌しか使えないのです。

そして、粗悪な素材を化学処理された菌で、
無理やり短期間で発酵させているわけですから、
当然美味しくありません。
そこで登場するのが、添加物各種!
アミノ酸だとか、〜エキスだとか添加しちゃって〜(+_+)



安いけど、危険で味わいのない化学的に処理された食品を食べて、
病気になるか?

高いけど、安全安心、旨みたっぷりの天然の食品を食べて、
病気になりにくい身体を作っていくか?

判断基準をどこに置くか?ってことだと思います。