読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっかあのブログ

そうか!作ればいいんだ!

酵素ジュース(発酵・その3)

発酵

そもそも酵素とは・・・

タンパク質の一種で、消化・吸収や燃焼、排泄などの身体の働きになくてはならない物質なのです。

食べ物を消化したり、排泄したり、骨を作ったり〜〜

身体のあらゆるところに働きかけているのです。
生命活動を営むためになくてはならない物質です。

身体の中の大工さん的な存在です。

でも、歳を取るにつれて体内の酵素量は減少していき、40歳を過ぎるとほとんどの人が不足気味となるそうです。
確かに、体のあちこちのガタがきますもんね(^^;
いつまでも若々しい人は、きっと酵素量が十分にある人なのかもしれません。

毎日のバランスの取れた食事は、酵素を補ううえでも大切です。
だから日本の食べ物、主に納豆や味噌などの発酵ものをしっかり食べていれば、
十分に若さを保つことはできると思いますが、
時には甘いジュースだって飲みたい時もあります。

そんなとき、そこらへんのジュースではなく、酵素ジュースを飲む!
そんな感じで、おっかあはいいと思います。

身体にいいから定期的に酵素ジュースを飲まねば!
っていった摂取の仕方は好きではありません。
あくまでも、嗜好品といった感覚で、飲みたい時に飲むのがいいです。

なので、おっかあとしては美味しくなければ意味がないのです。

よく、薬草などを酵素ジュースにしたりして、毎日のサプリ代わりに飲むこともあるみたいですが、
なんか、おいしくなさそうですよね。

こんな風に、酵素ジュースは飲むことが主な利用法になりますが、
その他にも、こんな使い方もあります。

まずお勧めは、パックです。
酵素ジュースが出来上がるまで、毎日2回くらいかき混ぜましたが、
手についたのは、そのまま手にこすりつけたり、顔に塗ったりして、
しばらくしたら洗い流します。

すると!
ツルツルスベスベ〜♪

酵素が皮膚に働くんでしょうね。


野菜などの農薬除去にも使えます。
洗い桶いっぱいの水に、酵素ジュース少量を混ぜ、野菜を20分くらい漬ける。


その他には、体の痛いところにすり込む、
なんてのもありますが、おっかあはまだやってません。


熱を加えると酵素は効力を失ってしまいますが、
固い肉にすり込んで調理をすると、柔らかくなるそうです。



こんな風に、美味しいだけでなく、いろいろ利用できて楽しそうです。


おっかあは、これからもずっと作り続けていきそうです(*^^)v