おっかあのブログ

そうか!作ればいいんだ!

洗濯機と洗濯石鹸の話(中編その2(笑))

中編その2って?(^^;

この話、まだ終わらない感じですか~?(笑)

 

前回は経皮毒のお話を。

今回は合成洗剤のお話を少ししたいと思います。

 

あまり洗剤のことを気にしていないお宅の場合、

どれだけの合成洗剤が常備されているでしょうか?

 

先ずは今回の話の中心になっている洗濯石けん、

その他には、ボディソープ、ハンドソープ、洗顔石けん、シャンプー、

歯磨き粉、食器洗い用洗剤、お風呂用洗剤、トイレ用洗剤・・・などなど

 

たくさんありすぎて面倒くさ!( ;´Д`)

 

おっかあの家は、セスキ炭酸ソーダにも大変お世話になっていますが、

基本的には、おっかあが作っている石けんと洗濯石けんさえあれば全てまかなえます。

 

石けんさえあれば、頭から顔、手、食器洗いやそっちこっちのお掃除まで

石けんだけでいいんですよ!

あぁ~楽ちん♪

 

100%純石けんであれば、環境にもお肌にも優しいんですから。

このことは、合成洗剤を使っている人だって知っていることなんですよね。

なのになんでみんな合成の物を使うんでしょうか?

 

 

さて、その合成洗剤の話ですが、

ある実験によると・・・

 

ネズミの背中に、市販のシャンプーとか台所用洗剤などの原液を

ほんのちょっと塗りました。

 

そしたら、3割のネズミが血を吐いて死んでしまいました。

生き残ったネズミも、背中がただれてケロイド状になったそうです。

 

どうですか?

これほどに毒性の強いシャンプーを頭につけてゴシゴシこすっているんです。

 

夜のシャンプー、さらには朝シャンまで流行りだしてから、

カツラの売上が伸びたそうです。

 

それにしても、実験に利用される動物たちは、たまったもんじゃありません!

実験なんかしないでいい時代がくるといいんですが・・・

 

シャンプーの恐ろしさと言えば、

我が家で、まだ合成物を使っていた頃、

台所の換気扇の大掃除をおっとうが(珍しく)やってくれた時がありました。

油でベタベタヌルヌルになった雑巾を洗う際に

いろいろな洗剤を使っても落ちなかったのが、

シャンプーで洗ったら落ちたのです。

これには、おっとうも怖がっていました。

それ以来、市販の合成シャンプーを使うのはやめました。

 

 

そんなに毒があったとしても、よぉ~く洗い流せばええやんけ!

って思うかもしれないですけど、洗剤は残留するのです。

 

食器の場合は、素焼きの食器が一番洗剤が残留が多いようです。

合成洗剤の毒が残っている食器で食事をするということは

洗剤も一緒に食べていることになります。

 

衣類はどうかというと、食器より隙間が多いので

残留洗剤は100倍だそうです。

 

それが毎日皮膚に触れているのですから、

いずれはアレルギーや化学物質過敏症になってもおかしくありません。

 

じゃあ明日から純石けんで洗濯するようにしたとしても、

沁みついてしまった合成剤、特に蛍光剤なんかは、

100回洗っても落ちないということを聞いたことがあります。

 

 

こんな風に、合成洗剤の毒性もさることながら、

更に、化学香料や化学染料やマイクロビーズなども添加されているのですから

人間や地球を汚染しまくりです!

 

もう毒を盛るのはこのへんでやめにしましょう!

 

良いことは一つもないんですもん。

 

動物実験をする必要のない世の中。

人々が自然界と調和のとれた生き方をしている世界が

早く来てほしいです。

 

シンプルに、簡単に、単純に、素直に物事を捉えると

自ずと見えてくるのではないでしょうか。

 

 

洗濯石けんの話、もう少し続けます~♪