おっかあのブログ

そうか!作ればいいんだ!

ホウキモロコシ

f:id:okkaaa:20190808120807j:plain

青空にそびえたつトウモロコシみたいな作物。

その名は「ホウキモロコシ

手が届かないくらいのところに穂が見えますが

これがホウキになります。

f:id:okkaaa:20190830194100p:plain

こういうやつ↑

 

春に種をいただき、桑畑に撒いたらグングン伸びていきました!

途中、風などで倒れたりしましたが、

土寄せしたり紐で支えたりしながら(主に娘が)元気よく穂をつけていきました。

 

ここまでくれば収穫なんですが、

収穫したら乾燥しないうちにできる限り直ぐに脱穀しなければなりません。

乾燥してからだと、穂がバサバサしてしまって、

美しいホウキが出来上がらないのだそうです。

 

でも、脱穀機がありません。

でももう収穫しなくちゃならないし。

 

しょうがないので、くしで一本一本とかしながら脱穀していました。

 

そんな効率の悪いことをしている中、

最近すごく良くしてくれている近所のおばさんに

娘が何気にホウキモロコシのことと脱穀のことを立ち話でしたら、

ついこの前家にあった脱穀機捨てたよ!

まだあるかもしれないから、と言って・・・

 

なんということでしょう~!!

 

一旦捨てた脱穀機を戻して、

しかも壊れているところを修理までして運んできてくれました!☆(≧▽≦)☆

 

おっかあたち、やっぱり何か持ってるなぁ!✨

流れに乗ってるなぁ!~✨

 

f:id:okkaaa:20190812150303j:plain f:id:okkaaa:20190812150328j:plain

もう骨董品ですよね。

でもこのくらいがちょうどいい!

 

脱穀したら穂先がホウキっぽくなりました♪

f:id:okkaaa:20190812163800j:plain

 

今年はたくさん収穫できませんが、種取りをして

来年ホウキモロコシ畑を作ろうと思います。

なぜなら、この畑↓

f:id:okkaaa:20190617135622j:plain

ここは家の前の畑なんですが、

おばあちゃんの頼みもあって、裏の農家さんに草取りをしてもらっています。

おばあちゃんも雑草嫌いですが、裏の人も雑草を一ミリでも生やしたくないようで

年がら年中トラクターで耕運したり農薬を撒いたりしています。

(注:でも耕運や農薬のこと以外はとってもいい人なんですよ。)

 

しかし、こうなると微生物は生きていくことができず

作物を作るときには絶対に肥料や薬を与えなければ

もはや育つことのできない土になってしまっています。

 

先日娘とスコップで穴を掘りました。

なんと10センチくらいで固い層が出てきました(゚д゚lll)

 

そこで、肥毒抜きと固い層を壊す作業をホウキモロコシにやってもらおうと思ったわけです。

土は甦るし、ホウキも作れるし、一石二鳥です。

たぶん4~5年はやらないと本来の土にならないかと思いますが。

 

いずれホウキ作りの技術を習得して、

養蚕に続いてホウキ職人として活躍できたら面白いと思いませんか!♪

 

また楽しみがひとつ増えました!

精油作り・・・?

f:id:okkaaa:20190811061953j:plain

きれいで可憐なお花ですね🌼

ちょうど今、いたるところに生えている雑草です。

 

マツヨイグサ(待宵草)

またの名を、ツキミソウ(月見草)

 

夕方に開花して、月を眺めて、朝日を浴びる頃になると萎んでしまう花。

さらに、宵待ち草とも言われていて、

そういえば、有名な歌がありました。

 

宵待草』(よいまちぐさ)

待てど暮らせど来ぬ人を
宵待草のやるせなさ
今宵は月も出ぬそうな

 

恋多き竹下夢二の、実ることなく終わったひと夏の恋を歌った曲です。

 

可憐な花、お洒落な名前、儚い恋の唄

なんとロマンチックな花なんでしょうね。

 

しかし、荒れ地のマツヨイグサともいわれるくらい別の顔もあって、

砂漠や山火事の後の荒れ地や道路っプチなどでも

育つことができる力強さのある植物でもあるので、

荒れ地のマツヨイグサなんて言われたりもしています。 

 

そんなマツヨイグサの全体像がこちら

f:id:okkaaa:20190825081614j:plain

桑畑にわんわん生えています。

わざと生やしているってこともあるんですが・・・

 

さてここからが本題です!(前置き長い!)

 

待宵草またの名を月見草

 

そういやぁ、月見草っていう精油エッセンシャルオイル)あったっけ!

 ならば、桑畑の草刈りをするときに、マツヨイグサは刈らないで

そのまま育てて精油またはフラワーウォーターを作ってみたらどうだろう。

って思ったんです。

 

その前に、精油を採る蒸留器が必要。

でも、お高い!

おっとうに話してみたら、

ネットで結構格安で買ってくれました!

それがこれ!

f:id:okkaaa:20190602142816j:plain

大きな蒸し器の蓋を改造した簡易なものですが。

そして中国製で、説明書も中国語^^;

でも、いろいろ調べたので原理はわかります。

 

早速試しに、庭にわんさか生えているミントでやってみました。

 

結果

f:id:okkaaa:20190602145634j:plain

 

上にうっすら油が浮いています。

これが精油(;'∀')

 

せめて1ミリくらい油が浮いていれば、

小さなスポイトで採取できたかもしれませんが、これでは・・・( ̄▽ ̄;)

 

でも油の下の水はミントのいい香りがしています。

フラワーウォーターとでも言いましょうか。

今はこれをスプレー容器に入れてトイレで使っています。

 

もっとしっかり精油を採るには、

この鍋いっぱいにギューギューに入れたらいいんだと思って

今回、マツヨイグサの花をたくさん摘んでやってみました。

f:id:okkaaa:20190829142255j:plain

しかし!

ミントよりオイルっけがなく、

しかも香りは、ホウレンソウの茹で汁みたい^^;

マツヨイグサの花の香りは上品なのですが。

 

だめだったかぁ~(*_*;

 

 

なら、オイルが豊富そうなグレーフルーツの皮はどうだ?!と思って

今まで捨てずに冷凍保存しておいた自然栽培のグレープフルーツの皮でやってみました。

 

グレープフルーツのいい香りのするグレープフルーツウォーターはできました!

が、きっと量が足りなかったんでしょう、精油はとれませんでした。

 

もしかしたらこの簡易蒸留器だからだめだったのかかもしれませんが・・・

 

こういった一連の作業で

精油ってほんのわずかの量なのにかなりお高いということの意味が

よぉ~くわかりました。

 

マツヨイグサは染料にもなるとのこと。

次は精油ではなくて、染めでマツヨイグサを使ってみようと思ます。

そしてグレープフルーツウォーターは石けん作りに使ってみます! 

 

実はお蚕さまを育てていました♡

一か月前、去年継いだお蚕さんの卵が孵化しました。

f:id:okkaaa:20190709202037j:plain

それを栃木の桑を与えて、大事に育ててきました(娘が)

 

桑畑の手入れなどで栃木に行く際には

この子たちを連れて行きました。

 

そして本日、収繭(しゅうけん)しました。

収穫とは繭を収穫することです。

f:id:okkaaa:20190709202114j:plain f:id:okkaaa:20190709202140j:plain

f:id:okkaaa:20190709191719j:plain f:id:okkaaa:20190709191709j:plain

 

ほんの少しですけど、たくさん桑の葉っぱを食べて

こんなに立派なまゆを作ってくれました。

 

娘が、切り繭(繭を切ってさなぎを取り出します)したら

繭の中でさなぎになったばかりの子を4匹ほど見せにきて

 

「おいしそうだよ!」と・・・

 

確かに・・・

f:id:okkaaa:20190709184532j:plain

ゆのが邪魔をしてます・・・


 それぞれのさなぎの上に見えるのが、脱皮殻です。

 

さなぎになったばかりの子は、このように白くて柔らかいんです。

そのままにしていると直ぐに茶色くなって固くなってしまいます。

 

食べるんなら今だ!

 

ごめんなさい!

と言いながら、茹でていただきました。

 

f:id:okkaaa:20190709184805j:plain f:id:okkaaa:20190709185011j:plain

(オス2匹、メス匹)

 

茶色くなった繭は、何度か食べましたが(エビのような味かな)

こんなにフワフワしたのはまだ食べたことありませんでした。

前から聞いていたけれど、白子みたいな味だと。

 

ほんとに!

ふわっとしていて甘みがある!

さなぎの姿を見ないで食べたら、誰しも白子だと思うでしょう。

 

これを昔は冬のたんぱく源として、養蚕農家は食べていたんですね。

 

自分たちで大事に育てた生き物の命をいただく体験は

自然と感謝の気持ちが沸き上がってきます。

 

あらためて貴重な体験をさせてもらってるな~って思う今日この頃です。

きれいな畑・・・

この写真は、桑畑とお隣の畑の様子です。 

お隣の畑は、常に綺麗に耕運されていて常に草も生えていません。

 f:id:okkaaa:20190617114726j:plain

この近辺の畑は、この写真の様にいつも草が生えないように

いつも綺麗にしている畑が多いんです。

 

それに比べて、うちの桑畑ったら・・・(^^;

これでも草をある程度刈った後なので、

かなり綺麗な桑畑だと満足しているんですが・・・

 

畦を真ん中に、左右くっきり正反対の畑!(笑)

 

桑畑とお隣の畑の間の畦に、うちの桑畑の雑草たちが進出してしまうので

先日、畦にマルチを張らせてもらいました。

畦に除草剤が撒かれないようにするのと、

綺麗にしている畑に迷惑をかけないようにするために。

 

昔からの農家さんに、

おっかあたちのやり方を理解してもらうのはなかなか大変なことで、

でも、とても応援してくれていろんなことを教えてくれる人たちでもあり、

やっぱりここは上手くお付き合いをしていかねばいけませんから。

 

でもやっぱり、ちょっとでも草が生えようものなら除草剤を撒いたり

ラクターをかけて耕運したりと、いつも草と闘っています。

 

春の一面に咲かせた雑草の花を

「きれいだね~」と眺め楽しむのではなくて

花を咲かせたら、何はともあれ種が付かないうちに

早く刈ってしまわねばたいへんだ!ってなわけなのです。

 

ラクターと除草剤があれば、いつでも簡単に綺麗にできてしまうので

草をちょっとでも見つけるとこのようにしてしまいます。

 

最近になって、綺麗綺麗にしている畑の土が

どのような状態になっているのかが徐々にわかってきました。

 

草が生えている土は、土を保水し、空気を土の中に通すので

土壌生物や微生物が生きることができるわけです。

 

その土壌生物や微生物はどんなことをしているかというと

太陽や水や空気の力を借りながらいろいろなものを分解して

窒素を生み出したり、タンパク質やミネラルを作ったりして、

植物が育ちやすい環境を土の中でやっているわけです。

 

でも、耕運ばかりしていて、雑草を生やさないようにしている畑の土は

しょっちゅう耕運しているので一見ふかふかした土に見えますが、

これをしばらくの間ほったらかしておくと、どんどん固くなってしまいます。

 

このよぉく耕運されているところの一部を借りて

ソラマメやエンドウを育ててみましたが

見事に枯れてしまいました。

この土でいきなり自然栽培をやろうなんてことはとても無謀な事でした。

 

こういった様子を目の当たりにしたとき

やっぱりここには微生物が生きていないんだ!ということを実感しました。

 

それに、草が生えていないので、乾燥していて風が強い日は土埃が凄いんです。

 

砂漠化してしまって、生きていない土なんだということがよくわかりました。

 

だからこのような畑では、絶対に肥料は必須になってしまうわけです。

 

常に

肥をやらねば!

草が生えてきてしまった!耕運せねば!

除草剤撒かねば!

って、100パーセント人間の手が加わってしまっている土地は

100パーセント人間が手をかけねばならないようになってしまうんですね。

 

今後の課題は、自然の力で自然の循環で作物が育つよう、

ソラマメやエンドウが育たなかったところの土づくりをしていくこと。

それが娘とおっかあのこれからのちょっとした楽しみになりました。

 

小さなスペースですが、いろいろ試すにはちょうどいいかと思います。

 

 

近隣の皆さんに

「これからの季節は草との闘いだな!」とよく言われますが、

ほんとうは、闘うことをやめたとき、

はじめてそこに共存共栄が生まれるんだって思いませんか?

 

実際に土に触れる仕事をさせてもらって、それを感じることができるって

おっかあたちは恵まれているとつくづく思う今日この頃です♪

醤油作り

これ、本当は醤油になるはずでした。

f:id:okkaaa:20190427231810j:image

2017年5月に仕込んだので、

もう充分醤油として使えるはずでした。

 

しかしこれ、ご覧の通りほとんどお味噌状態です。

 

これでは、布袋に入れて絞り出したとしても、ほんの数滴しか醤油が取れないですよね。

 

これは手抜きの結果ですm(_ _)m

かき混ぜるのをしばらく忘れていて、結構ほったらかしに‥f^_^;

ごめんなさいm(_ _)m

 

なので醤油にするのを諦めました。

 

その代わりこのまま使ってみました。

 

そしたらなんとまぁ!

 

お味噌でもない、醤油でもない。

旨味の塊。

 

鶏肉と大根の煮物を作った時に使った調味料はこれのみ。

みりんも使っていないのに甘みもあるし、料理酒を使ったかのような旨味も出てるし、

ビックリしました。

 

これを付けて少し寝かせた鶏もも肉を焼いたら、

塩麹で調理したみたいな柔らかくジューシーに出来上がりました。

 

野菜炒めも調味料はこれだけ。

 

なんだこれ!

万能ではないか!

 

むしろ醤油にしないでこのままで使った方が面白い。

失敗は成功のもと!

失敗は新たなるものを作り出してくれますね!

だから失敗は失敗ではないってことだな。

 

名付けるとしたら‥

固形醤油?

ディップ醤油?

食べる醤油?

 

これがなくなったらまた作りたくなるかもしれません。