読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっかあのブログ

そうか!作ればいいんだ!

自然界

自然 スピ話

自然尊重
自然順応
自然規範


「自然尊重」とは、「感謝」の気持ち。人間は、植物を食べ、植物をまとい、植物に住んできた。ところがいつしか自然は人間が支配しているという考えが広がり、自然の力というものを軽視してきた。人間は「生きている」のではなく、自然、宇宙の中で「生かされている」という感覚を取り戻そう。


「自然順応」とは、自然の時間を感じ、自然の順序を習い、実践していくこと。「より早く、より多く、より安く、より便利に」という人間都合ではなく、本当の意味で合理的な物事のあり方を自然界から学ぶ。迷ったら、自然の摂理の前に晒してみる。


「自然規範」とは、「人は必ず過ちを犯す」ということ忘れないこと。
間違いを犯すのは、我欲から生まれる人間の浅知恵の結果。大自然はパーフェクト。それは、大自然の一部である私たちの体の仕組みを見ても納得。実によくできてますよね。余分なものはなく、足りないものもない。そして善悪もないのが自然界。




・・・・・・・・・これ、あるサイトから引用させていただいた文章ですが、激しく共感したので、そのまま載せさせていただきました。




本当は人間の手が加わる前は、あの世もこの世も同じような世界だったんじゃないかな〜
なんて思うわけです。あの世の世界を形にしたのが、この世の自然界で・・・
でもこの世は、姿形があるものだから、どうしても痛みや苦しみが付きまとい、それから逃れようとするあまり、こちらの都合の良いように自然界に手を加え始めてしまったのでしょう。
いよいよそのピークがやってきたんじゃないでしょうか。
そしてそのことに気がつき始めた人たちが、環境に目を向け、今まで人間がやってきたことを反省し、修正し、元に戻そうと動き出したように思うのです。

そう考えると、それこそこの世は学びの世界なんですね。
そして、もうじきアセンションを迎えるわけで、まさに今この世に生きている私達は、大きな気づきと学びのこの時代を選んで生まれてきたんですよね。


そう思うと、少しワクワクします。