読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっかあのブログ

そうか!作ればいいんだ!

今日の出来事

近所に、ジロという白くてごんよりひとまわり程大きな犬がいました。
ゴンの方が、3か月お兄さんです。
ジロとごんは、子供の頃近くの空き地でよく遊び、
時には2人ともリードを引きずりながら、車の通りの激しい国道を渡って、何処かに行こうとした時もありました。
やんちゃな2人でした。
でも、2人はオスなので、大人になるともう仲良くあそぶことはできなくなり、道端で出会っても遠くから挨拶する程度になりました。


そんなジロを最近は見かけないなあ〜
と心配していました。


今朝、ごんの散歩をしようと道路に出たら、
向こうから杖をついたお婆さんが、
「ごんちゃん!」
と言って近づいてきました。
マスクをしていましたが、よくみると、ジロのお婆ちゃんでした。
いつも会う時はジロを連れていたので、お婆ちゃんひとりだと
どなただっけ?てなるくらい、いつもお婆ちゃんはジロと一緒でした。


そのお婆ちゃんとの立ち話で聞いたのは、
ジロは、今年の3月に旅立ったとのことでした…
私よりも先に逝ちゃってねえ〜
て、寂しそうでした。
そんなこともあったので、お婆ちゃんもごんのことを気にかけていてくれていたようです。


その後の散歩は、ずっとジロのことを想いながらの散歩になりました。