読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっかあのブログ

そうか!作ればいいんだ!

前代未聞な家族旅行(前編)

遊び

16日から一泊で奥日光へ家族旅行をしてきました。

 

久しぶりに家族が全員そろったので、

例によって例のごとく、バカのひとつ覚え~

奥日光へ行ってきました。

 

しかも、春におっとうと2人で行った湯ノ湖温泉です。

娘たちにも味合わせてあげたいと思って♪

 

 

さてさて今回の家族旅行は、最初からいろいろでした。

 

奥日光というと、日光宇都宮道路を使っていろは坂を登って中禅寺湖へ~

というルートが一般的かと思いますが、

今回は関越自動車道を使って、いろは坂を使わず、

向こう側の群馬県沼田市から奥日光へ登って行くルートをとりました。

 

そのルートに決めたのは前日のこと・・・

 

お盆ということで、住職さんが自宅仏壇回向にいらしたときのお話で、

実は沼田市川場村にも小さなお寺を持っているということを知りました。

 

群馬と言えば養蚕業が盛んだった地。

川場村にも養蚕に関する貴重な資料が多く残っているとのこと。

そして今は、森を保全しようと都会との交流が行われているとのこと。

川場村のことには詳しい住職さん。

 

この話、放っておくわけにはいかないじゃないですか!

 

そんな話をしていると、上の娘が川場村は大学で行ったことあるよ!

ですって・・・(*’▽’)

2度ほど山の調査の勉強で行っているとのこと。

 

さらに、都会との交流というのは主に世田谷区との交流が主らしく。

 

そしたら娘、それでかあ~!

大学は世田谷でしたから。

 

なんやねん、この話の流れ。

 

これ、食いつくでしょ!

 

しかも、こちらのお寺さんとは出会うべくして出会ったとしか

いいようのないお寺さんなので、

今回の話も、こう来たか!

やっぱり最初から繋がっているんだな~

って強く確信した次第です。

 

 

てなことで、川場村経由で出発をしたわけです。

 

 

とりあえず今回は下調べもせずに行ったし、時間もそんなになかったので、

下見程度にとどめて、川場村の大きな道の駅で一休みしながら

川場村の空気を浴びてきました。

 

すてきな旅館もあるということなので、

次回はしっかりと調べた上で、川場村一色の旅行をしたいと思っています。

 

川場村、これしか写真撮ってなかった(^^;

 f:id:okkaaa:20160716144459j:plain

 

家族旅行、つづく・・・