読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっかあのブログ

そうか!作ればいいんだ!

置かれた場所で咲きなさい

散歩

「人はどんな境遇でも輝ける。」

以前に紹介させてもらった本です。



ごん土手散歩をしていると

川で水浴びをしているカラスがいるかと思うと
そのそばで、カモが泳いでいたり
こっちの方では大きな鯉が泳いでいたり、
その近くにはピンクの綺麗な花を咲かせた木があったり、
一斉に飛び立つ鳩たちがいたり・・・・・



土手を散歩していると、お互いを邪魔することなく
自分たちの置かれた境遇の中で
目一杯生きている生き物たちを感じることができます。



ああ〜、人間だけだなあ〜
自分たちの境遇以外のことまで踏み込んでしまっているのは…
空を飛べるはずもない人間が、鳥になろうと飛行機を、
海の底を見たいと、魚になろうと潜水艦を・・・


それはそれで、夢があるし、人間ならではのことでもあるし、
素敵なことかもしれません。


でも、時には自然の中での人間の役割、立ち位置を
思い出すことも大事だな〜と
今日の土手散歩をしていて、ふと思ったおっかあでした。




『時間の使い方は、そのままいのちの使い方。置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです。「こんなはずじゃなかった」と思う時にも、その状況の中で「咲く」努力をしてほしいのです。』