読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっかあのブログ

そうか!作ればいいんだ!

玄米乳酸菌(その2)

発酵

玄米乳酸菌がいい具合に醗酵したら、
それで何をしましょう〜?(^^)

まずは
豆乳ヨーグルト
どちらかといったら、飲むヨーグルトになります。

これが美味しくなかったら、どんなに身体にいいとはいっても、
玄米乳酸菌はもう作るのをやめよう
と思っていましたが、意外といけるのですよ!

では、レシピです。

豆乳ヨーグルト】レシピ

豆乳450mlの中に玄米乳酸菌100mlくらいを入れて混ぜます。

あとは、常温で5〜6時間放置。

中に、砂糖大さじ半分と、塩小さじ半分くらい入れる場合も
あるようですが、おっかあはすっかりそのことを忘れて
何もいれずにいましたが、それでもぜんぜん大丈夫でした。


5〜6時間とはいっても、過醗酵してしまうこともあるので、
たまに見て、2層に分かれてしまいそうになったら、
放置終了としたほうがいいと思います。

なんどかやっていると、なめらかで一番おいしく飲めるタイミング
の見極めができるようになります。

でも、うっかりそのまま忘れて出かけてしまい、
帰ってきたときには完全に分離してしまって
ちょっと口にする状態ではなくなっていることもしばしば(^^;
そんな時、透明な部分はホエーと言うんでしたっけ?
それはそれで、利用できるようですね。

ま、できれば失敗のないように(*^^)v



ペットボトルを使うことに抵抗があるので
最近は、ビンで作ってます。

さあ!豆乳ヨーグルトができました!
ここからです!

そのままでは味気ないし、やっぱりあんまり美味しいとは言えないかも・・・
そこで、おっかあは何をするかというと、

まず、ジャムを入れます。
そしてさらに、酵素ジュースを入れるのです!
最近は、ブルーベリージャムと甘夏酵素ジュースを入れています。


乳酸菌醗酵!
酵素醗酵!

ダブル醗酵飲料になるではありませんか!

そして、美味しい♪

またもや、おっかあの自己満足の世界です♡

最近の朝食はいつもこれです。

飲んだ感じは、ほのかにシュワシュワ感のある飲むヨーグルトです。


さて、ヨーグルトが少なくなってきたら、それが種になりますから
そこに豆乳を加えて数時間放置すれば、またヨーグルトになります。
おっかあは、そこに少しだけ玄米乳酸菌も入れます。
その方が間違いないかと思って。


別の作り方として、豆乳に直接玄米を入れて
そこで醗酵させて作る方法もありますが、なんとなく、
糠臭の残るヨーグルトになってしまうような気がするのと、
玄米乳酸菌を作っておけば、ヨーグルトのほかにも
いろいろな使い道があってお得感があるということで、
おっかあは、玄米乳酸菌を作るところから入りました。


またまた大きな声じゃ言えませんが、
またの名を、STAP細胞ヨーグルトです(^^)/


玄米乳酸菌はほかにも利用法がありますので、
それはまた次回書きたいと思います。